SSブログ
前の3件 | -

寒波の天竜エリア [釣り]

10年に一度の寒波襲来で浜松も金曜日は雪交じりの寒い一日だった。こんな日は外に出たくないですからインドア生活になりますね。自宅に隣接している農園の井戸にある水桶に厚い氷が張り、畑もうっすらと雪が積もった。

IMG_3669.jpg
IMG_3670.jpg

翌日の土曜日は太陽も出て日差しは暖かいが、空気は冷えていて風が吹くと寒さが堪える。それでも天気がいいので天竜エリアの様子見でもと出かけてしまった。釣り人の性というものでしょうかね。中島左岸駐車場に10時半ごろ到着すると、車は数台停まっていた。暫く第1プールの様子を眺めていたが釣れる様子もない。今日は厳しそうだしどうしようか迷ったが、風も穏やかなのでちょっとやってみることに。

左岸のお気に入りポイントは空いてないが、見え鱒がいるかどうか確認しに行ってみた。前回とは違い魚影を確認することができなかったので、右岸に渡り状況を確認することにした。流れ出しに杉さんがいたので挨拶して状況を聞いてみたがあきませんとのこと。魚影があればやる気が出るんだけど今日は見え鱒の姿がありません。それでも時折ライズはあり期待を持たせてくれるんですが。ウェットで流したりリトリーブしてみたが釣れる気がしないので左岸に戻り流れ出しから探っていく。お昼のサイレンが鳴りお気に入りポイントが空いたので移動。風がやんだ時に見え鱒が確認できたのでリトリーブで狙ってみるがそう上手くはいかない。フライをゆっくりと送りこむように流していくと遂に来ました。周りが釣れていない中でHITは嬉しいですね。無事ランディングしてボは逃れました。

IMG_3688.jpg
暫くしてまたHITしたがラインを出された時に下流にいたルアーマンと絡まってしまいバレ。サイズは良かったのでちょっと残念ですね。

そのうちにノー天気さんが現れた。左岸下流に入りDHで中央の流れを探っている。派手なアクションをしたと思ったらHITさせてました。やり取りを見ていたらバラしてしまいました残念。こちらも次の獲物をとルースニングやドライで狙ってみたが続きません。再びマラブーで送りこんでみたらHITしたのだが岸に寄せたところでバラシ。フッキングが甘かったかなと思いフックシャープナーで針先を研ぐ。フライをあれこれ替えてやっとHITさせたがランディングの時にバラシ。フライの結び目で切れていた。少しいい加減に結んでしまったなと反省。結局4回HITしたのだがデジタルキープできたのは1匹だけ。それでも厳しい状況で鱒の反応を引き出せたので良しとしましょう。

風が冷たく感じてきたので2時半ごろに納竿し、グランド下にいるだろうsammyさんのところに。予想通りグランド下のプール上流にいました。聞いてみると当たりも全くなく厳しい模様。HITシーンを期待していたが邪魔になると思い挨拶して帰路に。その後、運転中にsammyさんから電話が入った。やっと釣れましたとの連絡でした。プールの下流付近で釣れたようでよかったです。

次回は釣り友と月曜日に出釣予定しているが苦戦するだろうなあ。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天竜エリアはドライフライに好反応 [釣り]

天竜エリアは金曜日に放流があったので週明けは期待できそうと思い予定していたが、雨予報で釣り友との出釣は中止。朝起きると路面が濡れていたので天気予報通りに。再度天気予報を見ると水、木とかなり冷え込みそう。できれば今日出かけたいなあと釣りたい欲求が湧いてきた。10時ごろになって雨もやみ明るくなってきたので行く気になった。釣りの準備をして10時半ごろに自宅を出発。中島左岸駐車場には11時半に到着。平日なので車は少ないが、川を覗くとかなり濁りが入っていて状況がよろしくない。ダムが1門開いており放水が行われている。川を覗いているフライマンがいたので聞いてみたら、午前中に3門が開いて水位がかなり上がったが、今は徐々に水位が下がってきたとのこと。右岸に一人、左岸に3人釣り人が入っていた。

早飯にして釣りを使用かどうか考えていると、Y田さんがやってきた。コーヒーを馳走になりながらしばし雑談。ダムのゲートも閉まったので釣りの支度をして河原へ降りていく。

IMG_3658.jpg

いつものポイントへ行くと岸寄りに鱒が群れているではありませんか。放流効果で鱒の数も増えてますね。鱒は中層から水面付近に浮いているのでドライが効果的かなと。最初はリトリーブで反応を見たが追っては来るもののHITまで持ち込めない。Y田さんがプール下流に入りウェットで1匹掛けた。こちらはドライフライに替えてキャストすると見に来ますね。少し誘いを入れると最初のHIT。いつものごとく沖へダッシュされ楽しませてくれる。周りに釣り人がいないので走られてもお邪魔にはならない。ティペットは0.6号なので強引なやり取りは危険だ。無事ランディングしたのはホウライ鱒でした。HITフライは実績のあるエルクヘアカディス。

IMG_3648.jpg


IMG_3657.jpg
ここのところエルクヘアカディスが好調です。もう一丁行くかとキャスト&誘いで攻略していると、フライが沈んでリトリーブしたときにHIT。これも沖へダッシュされリールファイトが楽しい。なかなか調子がいいですね。
IMG_3659.jpg
この調子だともう1匹行けるかなとドライでやってみたら、また釣れちゃいました。
IMG_3662.jpg
その後は反応が悪くなり場所を変えたり、フライをBHマラブーに替えて引っ張ってみたらHITしたがフッキング甘くバラシ。なかなか追加できず、ルースニングにしてエボレスヤーンオレンジを結ぶ。ウキ下は浅めにして群れの中にキャストするとHITしたがティペットの結び目が切れてバラシ。ティペットを交換しエボレスヤーンイエローでまたHIT。今度は無事ランディングできた。
IMG_3665.jpg
反応が悪くなったので再びドライフライに変更。エルクヘアカディスは見に来るがプイと見切られっぱなし。20番のCDCミッジを試してみたら、ふーっと近づいてきて咥え沖へ走る。ミッジの有効性を確認できたがフッキング甘くバラシ。その後は何回か出てくれるものの合わせが決まらず。4時半を回ったので納竿とした。今回はドライフライへの反応がすこぶるよかった。風が穏やかで虫も多く好条件になったのが要因なのかな。次回は金曜日の予定だが天気予報では雨模様みたいでどうなりますか。

nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天竜エリア冬の陣 [釣り]

天竜エリアも1月中旬となり釣れなくなってきましたね。釣れない時こそどうやって釣るか思案のしどころ。とはいうもののやる気のない鱒は相手をしてくれないので、いかにしてやる気のある鱒にフライをプレゼンできるかは難しいぞ。ルースニング、ウェット、リトリーブ、ドライ、チェコニンフなど攻略法は多種多様。それに会ったフライの選択、ティペットのサイズなど組み合わせもあって訳が分からなくなるよ。まあとりあえず自分の得意とするスタイルの組み合わせで攻略するのがいいのかも。ここのところ雨も少なくダムの放水もないので水は澄んで水量は減っているため、釣り人からのプレッシャーは高く釣り辛くなっている要因と思われる。

1月15日は日曜日だったがミッジフライの効果確認をしようと出かけたが、お目当てのポイントは先行者で入る隙間もないほど混んでいる。まあ休日ですから仕方ないですね。今シーズンはグランド下の実績がないので階段前の流れをウェットで探ってみた。釣れないのか釣り人はいなく貸し切り状態である。流れ的にはウェットにはいい感じで魚がいれば釣れそうな予感。徐々に釣り下っていくとスイングでゴンと来た。ラインを送ることができればよかったのだが逆に合わせてしまったのでバシャバシャとジャンプされ痛恨のバラシ。実績フライだったので針先が少し鈍くなっていた。シャープナーで研いでおけばよかったと反省。どうしても実績フライをチョイスしてしまうのだが、鱒を何匹か掛けたり根掛かりで針先が甘くなりがち。もう一度釣り下ってみたが2回目は来てくれなかった。

中島へ移動し放流ポイント付近に魚影があったのでマラブーを流してみたら追っては来るがHITまで持ち込めない。入りたいポイントはいまだに空きそうもないので堰堤下流や瀬を探ってみたが全くダメ。ノー天気さんが右岸に移動したので左岸流れ出しに入りウェットで流していくとグングンと首振りの当たり。しめしめとラインを送って余裕をこいていたら上流へ走りラインが緩んだ時にバラシ。その後にリトリーブで来たがこれもフッキング甘くバラシと釣果無しで終了。

翌日の1月16日は釣り友と中島で待ち合わせ。左岸駐車場に着くと釣り友の車の他に1台だけ。よっぽど釣れないのかガラガラだ。第1プールを覗くと水は澄んでおり風も穏やかなので川底が丸見え。これは厳しいぞと思いつつ魚影があるポイントで釣り開始。釣り友はいつものポイントへ。こちらは放流ポイント付近で狙ってみることに。やはり予想通り見え鱒からの反応はほとんどない。一度フライを追っかけるそぶりはしたもののそれ以上はしてくれない。釣り友もフライを替えながら攻略しているがてこずっている。場所も移動して探ってはみたものの思うような反応はない。リトリーブ、ルースニング、スイングと試してはみたがダメなのでドライで攻めてみた。しかしそうは簡単にはいかない。先日効果のあったエルクヘアカディスを結んであちこちキャストするものの上手くいかない。午前中は二人とも全くダメで終了。

午後の部はどうしようかと作戦を考え、釣り友は右岸に渡り第1プール下流でスタート。こちらはドライに反応があったのでもうちょと攻めてみるかとしつこくキャスト&誘い。少しラインを小刻みにリトリーブして誘っていると遂に咥えました。HITの後はお決まりの沖へ猛ダッシュのパターン。これでボは逃れたかと安心していたら中央付近の沈み岩に回り込まれラインが掛かってしまった。暫く待っていたがらちが明かないのでラインを引っ張るとティペットが切れあえなく終了。

その後は二人ともいいところがなく3時近くなっていた。放流ポイント付近で探っていると釣り友が近づいてきて、今日もダメだから3時で上がると立ち話を。これ以上やっても釣れそうもないので最後の1投してフライを回収しているとゴンと当たり。なんと最後の最後で釣れてしまいました。殺気がなかったのかなんなのか、まあ釣れてよかった。HITフライはWBオレンジでした。このフライは本当に活躍してくれるよ。

IMG_3599.jpg
今週は金曜日に放流が予定されているので、次回釣行は来週の月曜日にしようということに。放流効果に期待しましょう。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -