So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

2020地元の渓で初フライ釣行 [釣り]

渓流シーズンが始まったというのに、3月はいろいろと忙しく釣りにまったく行けなかった。そんなことで、ブログも更新が滞ていた。3月末でやっと一段落したので、4月初旬に癒しを求めて地元の渓に出かけることに。

前日に準備をしてなかったので、朝食後バタバタとフライの釣り道具を揃え自宅を出発。天竜川の年券を浜北大橋近くの山渓さんで購入する為立ち寄る。ここのところ毎年お世話になってますが、年券に必要な写真のサイズが小さかったため、インスタントカメラで撮ってもらった。いやはや助かりました。お次は、お昼のおにぎりと飲み物を二俣のファミマで調達し目的地へひた走る。ポイントに到着したのは11時を少し回った程。先行者もいなく釣り支度をして川へ降りる。久々の渓流なので焦らないように深呼吸していつもの実績ポイントへ。

堰堤上のプールへの流れ込みへフライをキャストし手前のレーンから探っていく。ライズがあったのでアマゴがいるのは間違いない。ライズのあったレーンにフライを流していくとアタック。合わせも決まり今シーズン初アマゴをキャッチできた。これで一安心と緊張が溶ける。

IMG_4353.jpg
IMG_4356.jpg
ニ匹目は反応が無かったので上流へ。渇水時は本当に浅い小渓流なので反応も厳しいのだが、先日の雨で水量も増しており条件的にはいい感じだ。ちょっとしたポイントからチビアマゴが反応してくれる。
IMG_4357.jpgIMG_4358.jpg
IMG_4360.jpg
釣り人も入っていないのかバラシはほとんどない。3匹も釣れれば御の字と思っていたが、今回は順調に数が伸びる。
IMG_4361.jpg
IMG_4365.jpgIMG_4366.jpg
IMG_4367.jpg
虫も結構飛んでおりアマゴ達の活性も上がっているようだ。
IMG_4368.jpgIMG_4370.jpg
IMG_4371.jpg
IMG_4372.jpg
堰堤下まで来たので、いったん道路に上がり、堰堤上から再び釣りを再開。二つ目の堰堤上のプールはいい雰囲気だが毎回反応なし。上流はしばらく浅瀬が続き、橋下のプールでチビアマゴの姿を発見。ライズも有り釣れるかと思いきや、ばらした後は警戒されたのかフライに反応しなくなった。釣り上がっていくが反応がなく次の堰堤下まで来た。あまり実績がないのだが、今回は水量も有りフライを白っぽいパラに替えて左から探っていくと、元気なアマゴがフライを咥えた。
IMG_4376.jpg
IMG_4375.jpg
アマゴをデジタルキープして下流へリリースし、プールの真ん中あたりを探ると、またアタックがありキャッチ。これも下流へリリースし、右側のポイントへフライをキャストすると本日の中では一番の手応えがロッドを伝わってくる。この渓では20㎝あれば上等だが、顔も厳つい20オーバーのアマゴが出てくれた。
IMG_4378.jpg
IMG_4380.jpg
IMG_4382.jpg
時間を見ると2時近くになっていて、お昼も食わず夢中で釣りを続けていた。今シーズンのフライ初釣行であったが、高活性でいいスタートが切れた。いやはや出来過ぎの感はありますね。攻められていなければアマゴ達は素直に反応してくれるという事かな。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天竜川ルアーフライ専用区:雲名は楽し [釣り]

ここのところ雲名で2回連続ボーズが続いていた。放流はされているが、その割には厳しい状況である。放流直後はルアーに分があるようで、フライではなかなか難しい。なんて、釣れないことを理由付けているだけですが。

平日アングラーなので、1月30日に雲名へリベンジに出かけた。今回のタックルだが、ダブルハンドを始めたばかりの時に使ってたものを準備。ヤフオクで落札したCND EXPERTSPEY 13feet#7/8/9、AIRFLO BALANCE 911W #10/11、SAスカジットエクストリーム500グレインにシンクティップ8Feet TYPE2+ナイロンリーダー1.8m+ティペット1.5号90㎝、ウェットフライはドロッパーにピーコックソード#6、リードフライはウーリーバーガー(マラブーオリーブ)#12。

平日ともあり雲名橋下流は誰もいない。放流ポイントである上流にはフライマン、ルアーマンが数人いるだけ。大岩の前にもフライマンが一人。冬だというのに雲名は陽射しが暖かく釣り日和。久々のCNDロッドとスカジットの組み合わせだが、案外キャスティングは快適だ。ダブルハンドを始めたての時は、全くうまくラインが飛ばなかったのに少しは上達したもんだと我ながらご満悦。スカジットエクストリームはヘッドとランニングラインが一体となっているタイプで接続部の段差がなく、巻取り時にガイドに干渉することもない。

雲名橋直下は水深があるのだが流れが緩慢であるためウェットの釣りには向かない。従って少し下流の流れがあるポイントから釣り下ることが多い。川は少し減水気味であるが透明度は少し良い感じだ。ウェットの流し方として、流れとほぼ直角に対岸に向けてキャストし、フライを馴染ませながら送り込んでいく感じ。ヘッドが先行しフライが沈んで遅れてくるようにスイングが始まるみたいな。フライがヘッドに引っ張られて挙動が変化したときにゴンと来る確率が高いような気がする。まあそんな経験値で釣り方を組み立てている。皆さんお好きな釣り方があるとは思いますがね。この時期、ニジマスは川底に定位してると思われるので、フライを沈めてニジマスの鼻先へ誘導してやるのが効果的と思う。しかしながら、そんな風にキャスト毎に出来る訳ではないが。ちょっと前振りがくどく成ってしまったが、釣り下ってじきに最初の当たりがロッドに伝わってきた。感触から大物に違いなく、余ったランニングラインをリールに巻き込みリールファイトの準備。予想通りロッドをグイグイと曲げ、底にへばりつくように上流へゆっくりと進んでいく。慌てないようにじっくりと時間をかけ、ニジマスが疲れるのを待つ。弱ってきたなと思い、浅瀬に誘導し無事ランディング。体高のある久しぶりの60クラスだった。正確にはメジャーで測定したら64㎝であった。

IMG_4036.jpg
IMG_4038.jpgIMG_4040.jpg
こんなに早くグッドサイズを釣ったので気分はルンルン。肩の力も抜けキャスティングも気持ちいいね。下流の大岩の前で釣っていたフライマンが近づいてきて情報交換した後、対岸に投げたフライが川岸の浅瀬からラインで引っぱられた時にゴン。またまた来ましたよ。首を振るので大物に間違いない。最初の60より更に重い感じでロッドで堪える。先ほどのフライマンが寄ってきてファイトを見守ってくれている。今回もゆっくりと時間をかけ浅瀬にランディングさせた。先ほどと同じ64㎝であったが、丸々太ったニジマスであった。
IMG_4042.jpg
午前中に大物2匹とは雲名も捨てたものじゃない。お昼のサイレンも鳴って気持ちよくランチタイムとした。それにしてもポカポカと暖かく気持ちよすぎる。
IMG_4043.jpg
午後の部も雲名橋下流から釣り下り、途中でフライを咥える当たりが2回あったがノラーズ。ポイントを大岩前に移動し釣り下ってみたが当たりは来なかった。午前中に調子が良かったウーリーバーガーを根掛かりでロスしてしまい、マラブーオレンジに替えたのも敗因だったかも。2匹釣れたという事で3時過ぎに納竿。次回もこのタックルで攻略してみよう。フライを補充しないとだめだな。さて、2月はどうなりますか。

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山中湖ドーム船でワカサギ釣り [釣り]

ちょっとブログ更新が滞っている。理由は釣れないから書きようがない。てなわけで、時間が経過してしまったが1月16日の山中湖ドーム船釣行記事です。

山中湖ワカサギ釣りは昨年11月に浜平さんと二人で出かけて以来。今回は同年代5人組で賑やかになった。ワカサギ釣りは毎年の恒例行事になっており、今回の5人がメンバーである。以前は諏訪湖に出かけていたのだが、状況が悪くなった時期があってから山中湖にシフトした次第。距離的にも近いので時間の節約にもなるね。当日は早朝3時半出発で、ドーム船を予約してある山中湖の『うおやす』には6時過ぎ頃到着。まだ、うおやすの事務所が空いていなく、しばし車の中で待つことに。山中湖周辺は先日に降った雪が残っていて、朝はやはり冷えます。平日のためかお客さんは少なく、ドーム船の中はゆったりできる。7時に桟橋を出発し沖のポイントに係留。いよいよワカサギ釣りスタート。

ワカサギ釣りは電動リールが主流で、それも2台持ちで釣果を伸ばすってのがスタイル。まだ電動リール初心者なので2台持ちは難しい。まあ、1台しか持ってないんですけど。午前中は富士山が綺麗に見えました。

IMG_3966.jpgIMG_3961.jpg
11月に来たときはボート釣りで200匹の釣果があったので、今回も期待したのだがそうはうまい話はない。釣り開始直後は群れも回ってきたのか活性が高かったのだが、しばらくすると誘えども当たりはなく釣れない時間が多くなった。この調子じゃ50匹も難しいぞと不安がよぎる。それでもメンバーでワイワイやってれば楽しいもんです。釣れない時は、じゃがりこスナック食べて元気を出そう。ドーム船内はインスタントだけどコーヒー、紅茶は飲み放題。もちろんセルフですけど。電子レンジもあるのでお弁当をチンしてあっためることもでき、本当に楽ちんだ。午後は一時活性が上がったんですが、あまり続かず釣果はそれほど伸びなかった。竿頭は電動2台持ちの浜平さんが100匹越えで、おいらは50匹にも届かず。まあそれでもワカサギの心地よいプルプル感を味わった。
IMG_3964.jpgIMG_3963.jpg
釣ったワカサギは、から揚げと南蛮漬けにしてビールの摘まみ。ドーム船代、車代等を考慮すると1匹当たりのコストは高いぞ。それを言っちゃーおしまいだけどね。
IMG_3967.jpgIMG_3973.jpg
冬と言えば浜名湖の牡蠣も忘れちゃいけない。牡蠣小屋もOPENしたとの情報もあり、浜名湖方面へに出かけた。昨年は新居の海湖館で食べたプリマルが美味しかったので、そこに行く予定であったが、ちょっと弁天島に立ち寄った際に『牡蠣小屋ひろし』を見かけたので入ってみた。おすすめの蒸し牡蠣と他にカキフライも頼んでみた。蒸し牡蠣はちょっと時間がかかったが、やはり美味いです。牡蠣小屋のオーナーに美味しかったですと声をかけたら、今年は暖冬で海水温が高く、あまり採れないんだとか。それと、新居でプリマルと呼んでいるのはブランド化したもので、弁天島で食べる牡蠣と同じものだそうな。牡蠣が無くならないうちに、また食べにこよう。
IMG_3969.jpgIMG_3970.jpg
IMG_3972.jpg
天竜川ルアーフライ専用区には、雲名メインで通ってますが、このところボーズをくらってます。毎週放流されてるようだが、厳しい状況は続く。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -